仮想通貨で楽しめるオンラインカジノ特集

【オンカジ攻略法】2-1-2システム法とは?特徴・注意点・使いどころを紹介

この記事を読むとコレが分かる!

  1. 2-1-2システム法の使い方
  2. どのゲームに向いているのか
  3. メリット・デメリットと使う際の注意点

オンカジ初心者 アイ

2-1-2システム法の使い方や実際に使えるゲームを紹介するので、ぜひ最後まで見てね♪

2-1-2システム法とは?

2-1-2システム法とは、オンラインカジノの2倍配当のプレイに活用することができる戦略法です。

2-1-2システム法にはそれ程大きなリスクもないため、堅実な方法として注目されています。

また、2-1-2システム法は非常にわかりやすいルールなので、オンラインカジノが初めてという方々でも最初から使うことができる戦略です。

ただし、どのゲームに対しても有効的に活用できる訳ではありませんので、どのゲームに相性のいい戦略法なのかもチェックが必要です。

2-1-2システム法の特徴

2-1-2システム法は、「2ユニット→1ユニット→2ユニット」の順番に賭けていくというわかりやすい戦略法です。

2-1-2システム法にはローリスク・ローリターンの特徴があります。

オンカジ攻略法には複雑なものもありますが、2-1-2システム法はシンプルです。

そのため、オンラインカジノ初心者という方々でも充分使用することができます。

2-1-2システム法 名前の由来と歴史

2-1-2システム法は、昔ニューヨークの市外局番が212番だったことから名前がつけられています。

そのため、別名ニューヨークシステムとも呼ばれることがあります。

2-1-2システム法の使い方

まず、自分の資金に見合った金額を設定します。

例えば、1単位を$1とします。

そして、その資金をベットしていきます。

2-1-2システム法という名前の通り、「2ユニット→1ユニット→2ユニット」という流れで、ベットを重ねていきます。

2ユニット→1ユニット→2ユニットという流れに従い、1ゲーム目で負けた場合は最初からです。

2-1-2システム1セットの可能性は

「勝・勝・勝」

「勝・勝・負」

「勝・負・勝」

「勝・負・負」

です。

この中で、マイナスとなってしまうのは、「勝・負・負」パターンだけとなります。

ただし、マイナスでも、-$1という額に留めることができるので、相当リスクのない戦略法だと考えていいでしょう。

2-1-2システム法のメリット

2-1-2システム法のメリットは、リスクが低いことです。

1単位か2単位しかベットしないので、大きな連敗をしない限り、大きくケガすることもありません。

私が検証したところ、連敗はありましたが、それでも、-$19程度の負債を背負っただけです。

2-1-2システム法のデメリット

2-1-2システム法のデメリットは、連敗してしまうことで取り返しが難しい問題点があります。

なぜなら、2-1-2システム法では、2単位BETしたとき勝つことができ、1単位BETした時に負けることで利益が発生します。

連敗してしまった時には、ベット額がずっと2単位であるためです。

序盤にレンチャンで負けてしまうことで、なかなかプラスに展開させることが難しくなります。

そのような状況になってしまった時には、一度損切りも選択肢に入れて検討するといいでしょう。

2-1-2システム法が使えるカジノゲームは?

2-1-2システム法を使うことができるオンラインカジノのゲームは、勝率と配当のバランスのいいゲームです。

そのような意味では2-1-2システム法は、ルーレットが一番マッチしているゲームということができます。

ルーレットは、配当が2倍の場所の勝率は約50%、配当が3倍の場所は勝率が約30%です。

2-1-2システム法は、勝率、バランスがいい程、リスクを最小限に留めることができるゲームです。

また、ルーレットをする場合、空回し(ベットをしないでスピン)可能なルーレットを選ぶといいでしょう。

プレイに入る前に、空回しを幾度かすることで「赤に賭けるor黒に賭ける」「偶数or奇数」の判断基準とすることができます。

さらに、 おすすめは、独立事象(直前までのゲームの結果が次ゲームに影響しない)のゲームです。

オンラインカジノのルーレットは、一回一回の勝負が独立し、前回のゲームの結果が勝率に影響がありません。

日本人の方々にはバカラやブラックジャックも人気です。

ですが、それらは残っているカードに対して、種類・枚数の違いで勝率が変化してしまうので独立事象のゲームと言うことができません。

2-1-2システム法を使う際の注意点は?

2-1-2システム法を利用する時、以下の点に注意してください。

2-1-2システム法を使う際の注意点1:1単位当たりの金額に注意

2-1-2システム法は、まずベットにあたり1単位の額を決定します。

1単位当たりの金額を大きくしてしまうことで、2-1-2システム法でもそれなりリスクは大きくなります。

しかし、その分リターンも大きいです。

ですから、自身の資金とよく相談して金額を設定するようにしてください。

2-1-2システム法を使う際の注意点2:短時間で稼ぐのは難しい?

2-1-2システム法で短時間で大きな利益もたらそうとしても、なかなか難しい問題を抱えています。

2-1-2システム法では、2単位ベットした時に勝ち、1単位ベットした時に負けると1単位の利益となります。

つまり、1単位ずつしか利益を出すことができない戦略法です。

もっと短い時間で大きな利益を出したいと思えば、モンテカルロ法だったりウィナーズ投資法と言った戦略法を活用するといいです。

2-1-2システム法まとめ

2-1-2システム法は、低リスクで堅実なオンカジ攻略法と言うことができます。

実際に短時間で大きな利益をもたらすのは難しい面がありますが、非常に有効に活用することができます。

オンラインカジノでは攻略法を上手く活用することで勝ち率をアップさせることができます。

負けてしまった時の引き際タイミングも意識しながら楽しく遊びましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA