Click here to see English version of this website

【オンカジ攻略法】マーチンゲール法とは?特徴・注意点・使いどころを紹介

オンカジ攻略法 マーチンゲール法

この記事を読むとコレが分かる!

  1. マーチンゲール法の使い方
  2. どのゲームに向いているのか
  3. メリット・デメリットと使う際の注意点

マーチンゲール法とは?

負けた時に「前回賭けた金額の2倍賭ける」(これを勝つまで繰り返す)という方法です。

非常にシンプルな方法の為、初心者でも覚えやすく使いやすい方法です。

理論上は絶対に負けない、と言われている方法です。

マーチンゲール法の特徴・使い方・名前の由来と歴史

マーチンゲール法は

  • 初心者でも覚えやすく、使いやすいため、利用者が多い
  • 理論上は必ず勝てる、という2つの特徴があります。

使い方はとても簡単です。

初めに1ドル賭けて負けたら次は2ドル、また負けたら4ドル、またまた負けたら8ドルというように負け金額×2倍に賭け金を増やしていくという使い方をします。

マーチンゲールさんが考えた方法なのかと想像しがちですが

名前の由来は昔、南フランスに「マーティギュー」という地方があり、この地方の出身者が好んで倍賭け方法を使い負けていたことを皮肉って「マーティギュー」→「マーチンゲール」と呼ばれるようになったそうです。

マーチンゲール法のメリット

理論上は必ず勝てる

何回負けても1回でも勝てば必ず初回に賭けた金額分の利益が出ます。

初めに1ドル賭けて負け→2ドル→4ドル→8ドル→16ドルで勝ったとします。

今までの負け金額合計が、1ドル→3ドル→7ドル→15ドルとなりますが、16ドルで勝った場合、初回に賭けた1ドルの利益が出ます。

このように理論上は必ず勝てるため、堅実で安定志向のプレイヤー、初心者にはおすすめです。

簡単シンプルで覚えやすい

賭金を2倍にしていくだけなので、計算もシンプルで使いやすいです。

マーチンゲール法のデメリット

負けが続くと資金が尽きる

「何回負けても」最後に1回でも勝てば必ず利益が出ます。

しかし、相当な回数を連続で負け続けてしまうと、手持ちの資金がなくなり、もうこれ以上賭けられない!という事態に陥ります。ここで負け確定です。

例えば手持ち資金が100ドルでマーチンゲール法を用い負け続けると1→2→4→8→16→32→64→128・・・と7回目でもう手持ち資金を上回ります。

テーブルリミットに注意

各テーブルには、賭け金の上限が設定されていることがあります。

テーブルの上限金額を超える賭けは出来ませんので、負けが続きすぎてしまい、もうこれ以上賭けられない!という事態に陥ります。ここで負け確定です。

一気に大金は勝てない

じっくりと負け金額を回収していく方法のため、短時間で爆利は期待出来ません。

マーチンゲール法が使えるカジノゲームは?

勝率50%のゲーム、配当2倍のゲームで使うことができます。

また、相性が良いのは独立事象のゲームです。

マーチンゲール法が使えるカジノゲーム1:ルーレット

ルーレットは「赤」か「黒」、「奇数」か「偶数」など2択勝負なので勝率は50%のゲームです。

かつ独立事象です。つまり、1回1回のゲームが独立しており、次のゲームに影響を与えません。

このようなタイプのゲームとの相性は抜群です。

マーチンゲール法が使えるカジノゲーム2:バカラ

バカラも「ディーラー」(バンカー)と「プレイヤー」の勝負なので勝率は50%のゲームです。

マーチンゲール法が使えるカジノゲーム3:ブラックジャック

バカラやルーレットと同じく2倍配当のゲームですが、独立事象ではありません。

つまり、今までのゲームの流れ(既にどのカードが出されているか)が次のゲームに影響を与えます。

ゲームの流れを考えながら使うことをおすすめします。

マーチンゲール法を使う際の注意点は?

連敗した時のテーブルリミットの到達に一番注意する必要があります。

注意点1:手持ち資金に余裕を持つこと(初回の賭金を含め検討すること)

手持ち資金に余裕がないと、負け続けた時にもう手持ちの掛け金がない!なんていう状態に陥ってしまいます。

その時点でもう賭けることは出来ず、負けが確定してしまいます。

手持ち資金に余裕を持つことが重要です。

注意点2:テーブルリミットを確認すること

それぞれのテーブルではテーブルリミットが設定されています。

このテーブルリミットを超える金額を賭けることが出来ない為、仮に負け続けて賭金がテーブルリミットを超えてしまった場合は負けが確定してしまいます。

事前にテーブルリミットを確認しておく必要があります。

注意点3:勝ち逃げ金を決めること(高く設定しすぎないこと)

ここまで利益が出たら止める、という勝ち逃げ金を決めておくと利益を確保することが出来ます。

マーチンゲール法は勝てば初回の賭金は勝てますが、利益は多くありません。

利益をあげたい場合は少なくても良いので勝ち逃げ金を決めておくことです。

マーチンゲール法まとめ

マーチンゲール法は「負けたら倍賭けしていく」という非常にシンプルな方法です。

保有資金が無限にあり、テーブルリミットがない場合はローリスクローリターンで理論上必ず勝てます。

負けが続いても1回勝てば利益となるので、初回の賭金=勝った時の利益を何回出して、いくらになったら終わりにする、と自分の中でルールを設けると非常に使いやすく、堅実な勝利方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »