【9月限定キャンペーン】登録ボーナス賭け条件1倍

【オンカジ攻略法】31システム法とは?特徴・注意点・使いどころを紹介

この記事を読むとコレが分かる!

  1. 31システム法の使い方
  2. どのゲームに向いているのか
  3. メリット・デメリットと使う際の注意点

オンカジ初心者 アイ

31システム法の使い方や実際に使えるゲームを紹介するので、ぜひ最後まで見てね♪

31システム法とは?

31システム法とは、主にバカラを攻略したいと思っている方々におすすめな攻略法です。

※勝率50%で配当が2倍のゲームならバカラ以外でも使えます

ローリスクにコツコツと資金を増やし、利益を導き出したい人は31システム法を使ってみても良いと思います。

31システム法の特徴

31システム法は、2連勝法とも言われることがあります。

その名のとおり、2連勝すれば必ず利益を確定させることができる方法です。

31システム法 名前の由来と歴史

31システム法の歴史は定かではありません。

賭け金を最大31チップ利用することから、31システム法と呼ばれています。

31システム法の使い方

31というのはコインの枚数を示しており、31枚のコインを使います

1単位、1ドルという勘定でおこなう場合には、1ドルのチップを31枚使用します。

31枚のチップを使ってしまう前に2連勝すればno problem。

利益の大小はありますが、必ず利益を出すことができる方法です。

戦略がワンセットで終了する条件は、9回ゲームを行った時か、途中で2連勝した時です。

ここで表が登場します。

1 2 3
A 1(単位またはドル) 1 1
B 2 2
C 4 4
D 8 8

1単位の額を決めておいて、「1,1,1,2,2,4,4,8,8」まででワンセットとします。

1ドルを1単位とする場合には、31ドルの資金を用意した上で、上の表を確認して

A(A-1、A-2、A-3)

B(B-1、B-2)

C(C-1、C-2)

D(D-1、D-2)

の順番に指定された単位の金額で賭けます。

勝った場合、下の段の最初に移動します。もし負けてしまった時は賭け金を右へ移動させます。

右に表がなければ下段の最初に移動します。

そして、2レンチャンで勝つことができれば停止し、再び最初の段階に戻ります。

また、D-2の8まで進んだらストップし、最初に戻ります。

ランドカジノでは、表をいちいちチェック出来ないですが、オンカジなら大丈夫です。

正にオンラインカジノならではの手法です。

31システム法のメリット

31システム法のメリットは、バカラの初心者の方々や、低予算でオンラインカジノをやりくりしている方々でも安心して利用することができる戦略であることです。

絶対に利益を出すことができる戦略ではありませんが、とにかくローリスクなところがおすすめです。

31システム法は、負け金額の上限が31単位で確定し、2連勝で利益が確定します。

一方で、負けてしまっても最大で損してしまうのは31単位と決定づけられています。

31システム法のルールに従えば、大きな負債を背負ってしまうことはありません

31システム法で仮に負けてしまっても、31単位どまりです。

31システム法のデメリット

31システム法は、もっと爆発力が欲しいという方々にはちょっと物足りない戦略なのかもしれません。

あくまでこの攻略法は、コツコツでいいから確実に資金を増やして行きたいという方々向けです。

また、31システム法を使用する場合、おおよそ10分の1の確率で9連敗することになります。

これが二回続いてしまった場合は、損失を取り戻すのにそこそこ時間を要してしまうことになります。

そして31システム法はいちいち計算しなければならないということもあります。

初めての方々は、慣れるまでなかなか大変と思うかもしれません。

31システム法が使えるカジノゲームは?

31システムを使用することができるゲームは、勝率50%で配当が2倍のゲームです。

ですので、バカラだけでなく、

  1. ルーレットの赤黒・奇数偶数・大小
  2. ブラックジャック
  3. シックボー

などでも使用することができる戦略です。

31システム法を使う際の注意点は?

31システム法を利用する時、以下の点に注意してください。

31システム法の注意点1:単位を大きくしてしまうことで損失も大きくなる

31システム法は、31をひとつの流れとしてとらえることになります。

310ドル、3100ドルなどの設定は可能なので、単位を大きくしてしまうことで、損失もかなり大きくしてしまうことになります。

まずはバカラ、ルーレットの赤黒・奇数偶数・大小、ブラックジャック、シックボーなどで、連敗しない自分自身の得意なゲームを見付けると良いでしょう。

31システム法の注意点2:勝率約50%、配当が2倍となるゲーム以外は向かない

オンカジ攻略法にはそれぞれマッチしたゲームがあります。

31システム法を上手く活用することができるのは、勝率約50%、配当が2倍となるゲームです。

それ以外のゲームと向きあっても、決していい結果にはならないでしょう。

31システム法の注意点3:順番を間違えない

31システム法は順番を間違えてしまうと、本来の力を何も発揮することができません。

また、大きな損失を抱えてしまうこともあります。

31システム法まとめ

いかがでしょうか。今回31システム法について解説しました。

31システム法では、ベットする順番、手順を覚えておくことは重要なポイントです。

最初の頃はオンカジに慣れるまで不安も多いかもしれませんが、ローリスクのこの攻略法でオンカジを楽しく遊んでもらえたらと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA