【期間限定】VIPクラス特別昇格キャンペーン実施中

オンラインカジノの違法性・合法性が気になる!遊んだら逮捕される?

onlinecasino-illegality

この記事を読むとコレが分かる!

  1. なぜ違法ではないのかという納得の理由
  2. 過去にプレイヤーが逮捕された事件の真相と詳細
  3. オンラインカジノが違法になるレアケース

オンラインカジノの違法性・合法性

違法か合法か

オンラインカジノでこれから遊んでみようかなと考えている人にとって少し怖いのが、オンカジをプレーしたら逮捕されないのかということだと思います。

日本国内ではまだリアルカジノが認められていない状況ですから不安に思うのは当然のことですね。

結論、オンラインカジノを日本国内から遊んでも全く問題はないと言えるのですが、あなた自身が納得して安心してプレーできるようにオンカジが違法ではない理由をまとめます。

オンラインカジノを違法とする法律がない

オンラインカジノの違法性については、ネット上の多くのサイトで「現在はグレーゾーンである」と紹介されているはずです。

白に限りなく近いグレーというか、まあほぼ白なのですが、その理由が「日本にはオンラインカジノを違法とする法律がないから」になります。

これには少し法律、特に刑法に関する背景知識を知ってもらう必要があります。

現状の日本の刑法では違法にできない

人を罰するためには刑法に規定がある必要があるのですが、日本の刑法は以下のような考え方に基づいて運用されています。

罪刑法定主義

法律として明確に定まってないと罪にできないという考え方

類推解釈・拡大解釈の禁止

規定されている罪にカバーされているはずと、推測したり拡大して考えることの禁止

簡単に言うと、「オンラインカジノは違法です」と明確に定まっていない状態では、警察がどれだけ逮捕したかったとしても法律上違法とすることは許されない

罪になるんだったらちゃんと刑法に明記してくださいね。ということです。

オンラインカジノの運営元は完全に合法

更に加えて言うのであれば、オンラインカジノの運営元は完全に合法な状態です。

オンラインカジノの運営には合法なライセンスが必要であり、運営元の会社はオンラインカジノを合法とする国でライセンスを取得しているので、その点で全く違法性はありません。

カジノの合法性・違法性が明確に定まっていない日本人が日本国内からオンラインカジノで遊ぶという状況なので心配になるわけですが、その点は安心して大丈夫です。

今の賭博罪では不十分

ここまで読んできて気になっている方もいるかもしれません。今の日本の刑法にも賭博罪というものはあります。

刑法第百八十五条 【賭博】

  • 賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

刑法第百八十六条 【常習賭博及び賭博場開張等図利】

  • 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

刑法より抜粋)

これを読んでも意味が分からないと思いますので、結論を簡単にお伝えします。

賭博罪でプレイヤーを罪にするためには、賭博場を運営する側も有罪としなければいけません

でも、オンラインカジノ運営元が合法に運営しているのは既にお伝えしたとおりです。

そのため、現状の賭博罪で日本人プレイヤーを有罪とすることはできないのです。

そのため現状ではどれだけ警察が逮捕したいと思っても、プレイヤーが罪に問われることはなく、過去に一度裁判沙汰になりそうになった際にも不起訴という結論になっています。(これについては後ほど詳しく紹介します)

オンラインカジノのプレイヤー逮捕事件

逮捕

少しオンラインカジノについて調べたことのある人は「でもオンカジのプレイヤーが逮捕されたことがあるじゃないか」と思うかもしれません。

確か実際に罰金を支払った人がいたのでは?」ということを知っている人もいるかもしれませんね。

この点について詳しくご紹介します。

プレイヤー3名逮捕のスマートライブ事件

2016年3月に、オンラインカジノを日本国内から利用したという容疑で、スマートライブというカジノをプレーしていた3人が逮捕されました。

そしてそのうちの2人は10万から20万円ほどの罰金を支払いました

ここで「逮捕されて罰金が課された例があるじゃないか。やっぱり違法なんじゃないのか。」と思ってしまうかもしれませんね。

しかし、これには裏話があります。

裁判で争っていれば不起訴だったはず

実は罰金を払ったこの2人は、多少のお金を払うことで面倒くさい裁判を避けることができる略式起訴という簡易的な決着をしています。

つまり、警察に勝たせてあげて簡単に終わらせたんです。

しかし、残った一人は無罪を信じて争う姿勢を見せました。

そこに、ご自身もプロ麻雀士である賭博法専門の弁護士である「津田岳宏(つだたかひろ)」先生がタッグを組んだことで、不起訴=そもそも裁判にすら持ち込めなかったという勝利を勝ち取っています。

これはオンラインカジノのプレイヤーにとって非常に大きな意味を持った事件で、この前例があるために警察も今後は動いても無駄になる(逮捕しても裁判にすら持ち込めない)ことを悟ったと言えます。

運営者逮捕のドリームカジノ事件

プレイヤーの逮捕ではないのですが、運営者が逮捕されたという事例もご紹介しておきます。

ドリームカジノというオンラインカジノの運営者が逮捕された事件では、ライセンスなどは海外で取得している旨の記載があったものの、実質的な運営は日本国内(大阪市天王寺区の事務所)にあったと判断されました。

「それはいかんでしょ。。。」という体制で、逮捕されるのは当たり前といってもよい事案です。

この逮捕事件でプレイヤーがどうなったのかが気になるところですが、警察から注意の電話が入るにとどまったそうで、実質の被害者はプレイヤーでもあるので被害が及ぶことはありませんでした

オンラインカジノが違法になるレアケース

違法なケース

では最後に、オンラインカジノが違法になってしまうレアケースをご紹介します。

くれぐれも以下のケースに当たらないように気を付けてもらえたらと思います。

運営元がライセンスを所持していないと違法

これも当たり前と言えば当たり前ですが、運営元が合法なカジノライセンスを取得していることは重要です。

有名どころのカジノを利用すればまず間違いはないですので、あまりマイナー過ぎるところを利用するのは避けるようにしてもらえたらと思います。

日本国内のオンラインカジノ店でプレーするのは違法

日本国内にオンラインカジノ店(インターネットカジノ店)を作ってそこで遊ばせるような場所があった場合、それはモロに賭博罪の適用を受けてしまいます。

オンラインカジノは必ず個人で家から楽しむようにしてください。

日本で運営されているオンラインカジノは違法

これは正に先ほどのドリームカジノの例が当てはまります。

その時はプレイヤーの逮捕には繋がらなかったものの、用心するに越したことはありませんので、確実に違法性がないと考えられる安全なサイトで遊ぶようにしてください。

当サイトでおすすめしているカジノはもちろん安全なサイトですので心配はいりません。

オンラインカジノの違法性まとめ

最後に簡単に今回の内容をまとめておきます。

  • 日本人にとってのオンラインカジノは白よりのグレー
  • 刑法に明確な規定がないので有罪にはできない
  • 過去に逮捕されて罰金を払ったケースは略式起訴
  • 実際に争ったら不起訴処分になるのがオチ

ということで、安心してオンラインカジノを遊べることが分かっていただけたのではないでしょうか。

暇つぶしに遊ぶもよし。一獲千金を夢見てジャックポットを目指すもよし。オンカジを楽しんでいきましょう♪

オンラインカジノ基礎知識

Step1. オンラインカジノとは

Step2. オンラインカジノの歴史

Step3. オンラインカジノの違法性

Step4. オンラインカジノの信頼性

Step5. オンラインカジノ運営ライセンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA