【コロナ禍でも楽しめる】パチスロよりも勝てるギャンブルがある?

今日はパチスロよりも勝てるギャンブルがあるということで、オンラインカジノを紹介させていただきます。

なんだオンラインカジノなんて興味ないよ。という方も最後まで読んでいただけたらきっとオンカジで遊びたくなること間違いなしです。

パチスロよりも勝てるって本当?

ギャンブルには還元率というものが存在することをご存じでしょうか?

還元率とは
プレイヤーが賭けた金額に対して、ギャンブル運営側(カジノやパチンコ店など)が支払う金額の割合のこと

パチスロの還元率や如何に?

パチンコやスロットでは還元率はどうなっているのか?

ズバリ、パチスロは約80%の還元率と言われています。

これはつまり、プレイヤーが賭けた金額の合計が100万だとした場合、80万円がプレイヤーの誰かに還元されていることを意味します。

ポイントは「誰か」であって、負け続ける人も当然います。

でも全体で見れば毎回のように勝っている人や、たまに爆勝ちする人もいて、プレイヤーに資金が還元されているんです。

オンラインカジノの還元率は?

それでは気になるオンラインカジノの還元率はどれぐらいでしょうか?

驚くことに、オンラインカジノは約97%の還元率を誇ります。

そんなん絶対嘘やん。利益が3%だけなんてありえん。97%も還元してどうやってカジノ側やっていけるの?

と言う声が聞こえてきそうです。

オンラインカジノ会社が3%でやっていける理由

確かに信じがたい数字ではあるのですが、オンラインカジノって日本ではまだ馴染みがなくても世界中で人気の娯楽なんです。

カジノ関係で動くお金の総額ってとてつもないわけです。

仮に1年間のプレイヤーの掛け金の合計が1兆円あったとしましょう。

97%を還元したらカジノの同元には3%しか残らないわけですが、1兆円の3%は300億円です。

そうなんです。流れるお金の総量が半端ないため3%でも立派に成り立っているんです。

カジノ側には還元率を高くするメリットがある

なぜ利益をもっと取らないのかと思うかもしれませんが、カジノ側は還元率を高めることが大事です。

業界全体を盛り上げれば盛り上げるほど、3%の額が大きくなります

北風と太陽の話に通じるものがありますし、国の税金に対する姿勢でも同じことが言えそうです。

税金を厳しくすればするほど海外に人は逃げていく国がある一方で、納税額を減らすことで企業を逆に誘致する国があります。

還元率を下げれば一時的な利益は増えるかもしれませんが、魅力が薄ければカジノ離れが起き、最終的には自分たちの損になります。

ですので、還元率を高めてプレイヤーに満足してもらい、参加者を増やしたいという正当な思惑があるんです。

ギャンブル別の還元率を紹介

オンラインカジノやパチスロ以外のギャンブルも含めて還元率を見てみましょう。

ギャンブル名還元率
オンラインカジノ約97%
パチンコ・スロット約80%
競馬・競艇約70%
宝くじ約40%

ギャンブルをする目的はエンターテイメント的に楽しむだけという人もいますが、やはり多くの人にとって勝ってお金を増やせるかは重要だと思います。

上の表を見れば、オンラインカジノが他のギャンブルに比べても勝ちやすいものであることが分かります。

オンカジは一発のあたりも大きい

また、オンラインカジノのスロットではジャックポットがあります。

これはプレイヤーの掛け金が溜まったものが一人のプレイヤーに一気に注がれるものです。

オンカジでジャックポットに当たった人は、数千万~億越えなどとんでもない金額を手にします

日本人のジャックポット当選者も多くいますし、中には少しの資金で5分足らずで、いきなりジャックポットが当たった人まで存在します。

夢がありますよね。

まとめ

コロナ禍でストレス溜まってる人は多そうですが、未だに自由に外へ遊びに行くこともできませんね。。

パチンコ・スロット店は元々タバコの煙を排出するために空気の入れ替えシステムが非常に発達しているというのは有名な話です。

それなら安全だわとパチスロで楽しんでいる方も多いと思います。

オンラインカジノはまだあまり知られていないかもしれませんが、今後もっともっと流行っていくでしょう。

パチスロよりもお店側の取り分が少ないオンカジで一攫千金狙ってみるのもありだと思います♪

入金しなくてもボーナス遊び金がもらえる初心者にお勧めのカジノ → ベラジョンカジノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »